肩こり
肩こりは、食事などからの栄養素の不足からも起こることもあるようです。例えば、肩こりを予防する栄養素としては、ビタミン E が挙げられます。ビタミン E は、血行を促進する栄養素などとも言われ、アーモンドや、クルミなどの木の実や、うなぎ、ハマチ、たらこなどに多く含まれているようです。そして、「タンパク質」などもきちんと摂取いたしましょう。タンパク質は、牛肉や、豚肉、鶏肉などの肉類に加え、魚、豆腐などの大豆製品などに多く含まれているようです。さらに、「ミネラル」として、カルシウムや、カリウム、マグネシウムなどは、筋肉の動きなどを滑らかにする役目があります。牛乳や、小魚チーズなどに、「カルシウム」は多く含まれています。「カリウム」は、キュウイフルーツ、じゃがいも、切り干し大根、「マグネシウム」は、ごま、玄米、アーモンド、大豆製品などに多く含まれているなどと言われています。これらの栄養素を単品で摂取するのではなく、栄養バランスを考えて、食事から摂取できることが望ましいようです。栄養素の不足文をサプリメントなどで補給することも良いですが、なるべくでしたら食事からバランスよく摂取することがベストでしょう。