生前に親しかった事を考えながら落ち着いてゆっくりと進めていくのが遺品整理ですが、生活をしていた環境によってはスケジュールに合わせて進めていく事の重要性も高いため、個々に応じたタイミングを理解する事が大事です。
持ち家にて生活をしていた時には個々のペースにてゆっくりを進めていきやすいですが、タイミングに重きを置くのなら法要を意識しましょう。
法要は四十九日を迎えた時に行われますが、遺品整理を行う段階としても四十九日は良いタイミングです。
また、持ち家ではなく賃貸物件を契約して生活をしていた場合では、今後も一緒に生活をしていた家族が契約を継続し住み続けるのなら持ち家と同様にマイペースに進めていけますが、一人暮らしをしていた場合は円滑に進めていく事が求められます。
円滑に進めていった方が良い理由は賃貸物件は家賃が発生する事が挙げられ、一ヶ月間に1度といった家賃を支払うタイミングを思慮して遺族にとって負担にならない計画を立てましょう。