小学校受験を希望している人の中には、なるべく早く入塾しておくべきだと思っている人も多いです。しかしながら、実際には1年ほど通えば十分であることが多いのを理解しておきましょう。子供は覚えるのが早いですが、それと同時に忘れるのも早いです。知識を詰め込むだけでは記憶を定着させることが難しく、早い時期から学んでも小学校受験までに学んだ内容を忘れる可能性があります。小学校入学前の子供に反復で記憶を定着させるには限界があるので、1年ほど塾に通って常識や知識を学べば十分だと言えるでしょう。早すぎる段階から通うと、習っているはずなのに覚えていないことに親が怒りたくなる、子供自身に強い負担がかかるなどの問題が生じるケースもあるので、長すぎず短すぎない1年程度を目安にすることがおすすめです。