パソコンを買うならCPUとメモリとストレージに注目しましょう。安さだけなら古いCPUを搭載したモデルも選択肢に入りますが、できる作業が限られてきます。

よって自分がパソコンで何をしたいのかを考慮して選ぶことが大切です。また搭載しているメモリが多いほど処理は快適となりますが、目安としては4GBあれば良いでしょう。

4GBのメモリがあれば、ほとんどの作業は快適にこなすことができるからです。メモリは後で増設することも可能なモデルもありますが、それにはある程度の知識が必要になります。

安くても極端にメモリが少ないパソコンは避けた方が無難です。ストレージには大容量ながら低速のHDDと、低容量ながら高速のSSDがあります。

快適に使えてかつ価格も抑えたい方は下記サイトに掲載されているスペックの目安を参考にしてみるのも良いかもしれません。

参考サイト:学生生活にはノートパソコンが欠かせない⁉ – 授業や就活など使う場面は多岐にわたります