パソコンのオペレーティングシステムの一つでもあるLinuxは、専門的な知識を有するLinuxエンジニアがサーバーの構築や運用・保守を担うことになりますが、Linuxエンジニアはインフラエンジニアに含まれる職種で、インフラエンジニアにはネットワークやサーバーなどを含めた職種になります。

また、クラウドエンジニアの中でもこのOSに特化している人は、今後需要が拡大すると予測されています。さらに、近年システムを実機となるサーバーではなくクラウド上に構築するケースが急増していてLinux自体の需要も高いことからも、

クラウドやOSの知識を有するクラウドエンジニアへの注目が集まる、従来からのサーバーエンジニアよりも広範囲の知識が必要になる関係からも年収への期待も高まるのではないでしょうか。