コンテンツ

ウェブ制作を依頼するには、信頼できる業者を探す必要があります。しかしどの業者を選定するべきか分からなければ、仕事は前に進みません。選定基準は幾つか考えられますが、重視する基準の一つは、コンテンツの執筆経験です。ホームページ制作においてコンテンツは大切です。中でもSEOとの相性を考えたコンテンツの執筆です。はっきり言って、この執筆経験が無い業者は当てになりません。

クライアントはコンテンツ内容自体を評価するのではなく、あくまでも結果を評価すべきなのだと認識して下さい。つまり内容の優劣ではなく、アクセス数の多寡が重要なのです。

ウェブ制作業者がコンテンツ執筆を請け負った場合、大抵プロのライターを使って原稿を仕上げます。ですから文章としての質は高く、一見して問題があるようには見えません。しかしその原稿がSEOに合っているとは限りません。あくまでもSEOの専門家が施策して、初めて相応のコンテンツになるのです。もちろん質の高い文章の方がSEOに向いているという事情はあるのですが、初めから質とSEOとの両輪で作成しなければ効果が薄れてしまいます。

SEOを意識して作られた原稿は、想定されるターゲット層の検索意図に合致した内容、形式になっているものです。例えば一般に役立つ情報でも、ターゲット層が興味を持たなければ意味がありません。

ここではSEOの実際を詳述することはありませんが、少しだけコツを明かすと、ネットユーザーが検索に用いるワードを適切に配置した文章がSEOに向いているとされます。一般のライターにはそのような拘束が掛けられることはありませんから、SEO専門のコンテンツ作成者が必要になるわけです。