税理士になりたい場合、必ずしも学校に通うだけが道ではありません。税理士関連の仕事に従事して受験資格となる業務経験を積むことも十分考えられるのです。

ただこの場合、仕事に就いた後で「こんなはずではなかった」と、考えていた仕事と違った場合それまでの勤務経歴は無駄になってしまうことは覚悟しておかなくてはいけません。逆のパターンとして畑違いのような仕事をしていく中で、税理士資格を持った人が実務で行っている仕事に興味を持ち、資格取得を決めるという場合もあるかもしれません。

また、親の事務所を受け継ぐため、というケースもあり得るでしょう。ただこの場合、従来と違って大手税理士事務所という強豪相手を意識しておかなくてはいけません。もちろんすでに事務所を構えているという環境ではすでに理解されているとは思いますが。従来のような税理士業務だけで食べていける状況ではなくなっている、というのはよく聞かれる実情のようです。

現在は税理士もどちらかといえば「経営コンサルタント」「ファイナンシャルプランナー」的な業務のほうがウェイトを増していると言われています。くれぐれも現代の税理士が置かれている立ち位置を十分把握して決められることをお勧めします。

また、税理士と異なるながらも近い業務を行う職種に社労士があります。最近は働き方に変化が起きつつありますから、あえてこちらの資格を取るのも選択肢です。社労士を安くマッチングしているサイトもあります。気になる方はのぞいてみましょう。